安城北部こども園

NEWS

園からのお知らせ

緊急情報

特にありません。

生活発表会をしたよ♫

NEW

12月4日に生活発表会をしました。保育者や友達と一緒に曲に合わせて踊ることを楽しんだり、役になりきって表現することを楽しんだりし、当日に向けて取り組んできた子どもたち。舞台での経験を重ねるごとに、お客さんに観てもらう喜びを感じ、生活発表会当日も自信をもって舞台に立つ姿が見られました。


年少児は遊戯を発表しました。自分の好きな曲を選び、衣装を着て元気いっぱい踊る姿を見てもらうことができました。初めての発表会でしたが、少し緊張しながらも日頃の姿を出し、舞台に立つことができました。






年中児は「大きなカブ」と「100かいだてのいえ」の劇を発表しました。同じ役の友達と一緒にセリフを言ったり、踊りや合奏、平均台渡りを披露したりしました。劇の発表は初めての子どもたちでしたが、友達と顔を見合わせながら嬉しそうに舞台に立ち、演じる姿が見られました。






年長児は「わんぱくだん」の話を基にして、クラスのみんなでオリジナルのストーリーを考えて劇を発表しました。「どんなセリフがいいかな?」「こんな動きをするといいんじゃない?」と、セリフや動作、踊りなども子どもたちが考えました。自分の役だけでなく、劇中の大道具の移動や、効果音なども役割分担をして子どもたちが行い、どの子も自信に満ちた表情でした。劇の最後に歌った「ぼくらはみらいのたんけんたい」では、胸を張って堂々と歌う子どもたちの姿に成長を感じることができました。





SDGsお楽しみ会をしたよ!

 10月19日に愛知教育大学学生団体SAGAのメンバーと一緒に、SDGsお楽しみ会をしました。園生活の一場面を例にしたSDGsクイズや、ごみの分別や手洗いの仕方を実践することで、子どもたちもSDGsを身近に感じることができました。
 SDGs宝探しでは、園庭のいろいろな場所に隠された「みんなが幸せになれるマーク」と教えてもらった『SDGsマーク』を探しました!異年齢の友達とペアになり、ワクワクした様子で探す姿が見られました。最後にみんなが幸せになれるマーク(SDGsマーク)のお土産をもらい、にっこり笑顔の子どもたちでした。



 また、子どもたちにとって身近な生き物であるバッタに変身して、草のトンネルをくぐったり、エサに見立てたストローを集めたりし、簡単な環境問題について考えました。生き物たちが生きていくために、公園や広場などに出かけたときは、ごみをきちんと持ち帰ることをみんなで約束しました。



 SDGsについて楽しく教えてくれたSAGAの皆さんに、お礼の歌と手紙をプレゼントしました。優しいお兄さんお姉さんのことが大好きになり、次回のSDGsお楽しみ会を楽しみにするほくぶっこたちでした。



<運動会をしたよ>

 10月9日(土)に運動会をしました。今年は「ほくぶオリンピック運動会」とし、一人一人が自分の力を発揮できるよう願い、取り組みました。
 子どもたちがつくったクラス旗を持って入場行進をしたり、聖火の点灯式をしたりして運動会が始まりました。どの年齢の子どもたちも、ゴールテープを目指して一生懸命に走ったり、保育者や友達と一緒に踊ったりしました。また、お家の方と一緒に「こころをギュッ」の親子ふれあい遊びをすると、お家の方も子どもたちも笑顔いっぱいになり、楽しい時間となりました。最後に頑張った子どもたちに金メダルを渡すと、喜びの笑顔と共に、運動会をやり遂げ自信に満ちた表情が見られました。


<年中児>
 かけっこでは、友達と一緒にトラックを半周走りました。「よーいドン」の合図と共に、力いっぱい走りぬきました。音遊ではフラッグを持って「トライ・エブリシング」の曲に合わせて踊りました。フラッグを振ったり、行進したりすると、4色のフラッグがきれいにはためいていました。親子ふれあい遊びでは、大好きなお家の人とギュッと抱き合ったり、ほっぺに触れ合ったりし、親子共に笑顔が溢れていました。



<年少児>
 年少児にとって、はじめての運動会でした。ドキドキした様子の子もいましたが、名前を呼ばれると元気に返事をし、保育者のいるゴールを目指して一生懸命に走る姿が見られました。また、音遊ではミッキーやミニーに変身し、ポンポンを持って「ミッキーマウスマーチ」の曲に合わせて踊りました。保育者や友達と一緒にポンポンを振ったり、応援団のようにかけ声を言ったりし、元気いっぱいの年少さんでした。最後に金メダルをもらって、にっこり笑顔の子どもたちでした。



<年長児>
 年長児は、開会式の前にチャレンジ発表をしました。鉄棒や跳び箱、フラフープなど、自分の披露したい運動遊びを決め、挑戦しました。かけっこでは、どの子も真剣な表情で、友達と競い合いながらトラックを1周走りました。音遊では鳴子を持って「らっしょいわっしょい江戸の華」の曲に合わせて踊りました。友達と動きやかけ声をそろえ、気持ちを1つにしてやり遂げた子どもたちでした。また、運動会当日に向けて、チームの仲間と走る順番や勝つための方法を考えて挑んだリレーでは、抜いたり抜かれたりしながらバトンをつなぎ、どのチームも真剣に取り組む姿が見られました。



<カブトムシの家をつくったよ>

 各クラスで育てていたカブトムシが卵を産み、100匹以上の幼虫が元気に育っています。観察ケースに入れ、保育室で飼育をする他に、たくさんの幼虫たちを「自然の中で飼育してみよう!」となり、年長児が中心となってカブトムシの家づくりをしました。
 すえんに好きな絵や模様をかき、組み立てた中に落ち葉や腐葉土、昆虫マット、おがくずを入れ、大きなカブトムシの家が完成しました。みんなで幼虫の引っ越しをすると「幼虫がこんなにいっぱいいたんだね」「土に潜って行くのが速いね」と、じっくり観察をしていた子どもたちです。
 毎日戸外遊びの時間になると「幼虫は元気かな?」と、様子を見に行く姿が見られます。来年の夏にたくさんの成虫になったカブトムシに会えることが楽しみです。



里芋の葉っぱで遊んだよ!


 「この大きな葉っぱはなーんだ?」と問いかけると、「かぼちゃ…かなぁ?」「トトロが傘にしている、葉っぱじゃない?でも、何かはわからない!」と子どもたち。正解は里芋の葉だということを知らせると、みんな興味津々。霧吹きの雨を降らすと「一緒に入ろう」と、仲良く傘に入り、雨降りごっこを楽しんでいました。
 また、園で収穫したカボチャを切ってみると、中はとっても綺麗なオレンジ色でした。匂いを嗅いだり触ったりして観察した後、「この種で、またカボチャができるかなぁ?」と、種取りをしました。乾燥させてとっておき、3月に種まきをしようと思います。


サーキット遊びをしたよ!


 園庭に平均台やミニハードル、トンネルなどの運動遊具を出し、サーキットコースをつくりました。それぞれのポイントに乗り物の絵表示をつけ「飛行機の翼みたいに、手を広げて渡ろうね」「汽車になってトンネルをくぐろう!」と声をかけると、子どもたちは大好きな乗り物になりきって、楽しく運動遊びに取り組んでいました。
 子どもたちの興味・関心に合わせて、毎日サーキットコースを変えています。近頃は秋の虫に関心が高まっているので、コース上に園庭の落ち葉を集めた『落ち葉風呂』が登場し、バッタやコオロギになりきって、落ち葉風呂を楽しむ姿が見られます。次はどんなコースになるのかな?


夏まつり会をしました!

年長児がお店屋さんをし、夏まつり会をしました。異年齢の友達とペアになり、ヨーヨー釣りやくじびきをしたり、みんなで盆踊りをしたりして、とっても楽しそうな子どもたちでした。年下の友達のペースに合わせて歩いたり、目線を合わせて話を聞いたりする優しい姿もたくさん見られました。





午後からは、お化け屋敷へ!年長児が相談していろいろなお化けをつくり、年少児や年中児を招待してくれました。中に入ると、こわ~い音楽が流れていて、首が伸びるろくろ首がお出迎え。ドキドキしながら進んでいくと、壁から手が出てきたり、ゆうれいに変身した年長児が出てきたりして、みんな「きゃーきゃー」言いながらも楽しんでいました。





<かわいいケーキができたよ!>




削った固形石鹸と水をボウルに入れ、泡だて器で混ぜ混ぜ・・・。みんなパティシエになりきって、ふわふわの泡をつくっています。泡のクリームができたら容器に入れ、園庭に咲いている花や葉っぱを飾ったら、素敵なケーキのできあがり☆


<みんなで力を合わせてコースづくり!!>


砂場ではスコップや樋を使ってコースづくりをしています。「ここは、モグラが出てくる穴だよ!」「いいね。もっと穴を掘ったら、たくさんモグラが出てくるね!」と、友達と楽しく会話をしながら、イメージを共有して遊んでいます。樋から水を流してコースがつながると「もっと掘って、長くしようよ」「ぼく、こっちから掘るね」と、友達と協力したり役割分担をしたりして楽しんでいる子どもたちです。



年少児も大好きな汽車のおもちゃを持って「線路はこっちですよ~」「よーし、連結!」と、友達と一緒に遊ぶことを楽しむ姿が見られます。園生活に慣れ、少しずつ保育者と離れて遊ぶ姿が見られるようになりました。


<ボディペイントをしたよ♪>



机の上にボディペイント専用の絵の具を出して、手でぐるぐる混ぜて感触を味わったり、手形を押したり、お化けに変身したりして遊びました。赤・青・黄の色を順番に混ぜると、紫や橙に色が変わり、更に混ぜると茶色に・・・。色の変化も楽しみながら、全身で楽しみました。



体にかわいいハートをかいてもらってニッコリ♡


小運動会をしたよ!







園内で小運動会を行いました。みんなで体操をしたり、かけっこや玉入れをしたりしました。毎日遊びの中でかけっこや玉入れを楽しんでいた子どもたちは、応援したり力いっぱい走ったりしながら、どの子も元気いっぱい、笑顔いっぱいで取り組んでいました。「がんばったで賞」のメダルをもらうと、友達と見せ合いながらとっても嬉しそうな子どもたちでした。


製作遊びをしたよ!




園ではいろいろな製作遊びをしています。年少組は戸外遊びでちょうちょを見つけた経験から、絵の具を使った指スタンプをし、ちょうちょに好きな模様を付けました。はらぺこあおむしの絵本が大好きな年中組は「どんな色にしようかな」と好きな色の画用紙を選び、あおむしをつくりました。ハサミで切ったり、のりで貼ったりし、かわいいあおむしが完成しました。年長組は、たくさんの子どもたちが園庭で四つ葉のクローバーを見つけた経験から、折り紙で四つ葉のクローバーを折り、周りには園庭で見つけた生き物をかきました。完成した作品を友達と見せ合い「一緒に見つけたよね」と会話をする姿が見られました。


自然物遊び だ~いすき!






園庭のさくらんぼの木にたくさんの実が付きました。「さくらんぼ、いっぱいだね」「おいしそう」と、実が色づくのを楽しみに待っていた子どもたち。真っ赤なさくらんぼを見つけると「ぷにぷにしてるね」「甘いにおいがする」と、触ったりにおいをかいだりしていました。また、袋に集めたり、砂場でごちそうづくりをしたりして楽しむ姿も見られました。
園には、ダンゴムシやちょうちょなどの生き物や草花など、自然物がいっぱいです。見つけた生き物をじっくり観察したり、見つけた草花で花冠をつくったりして遊んでいます。年間を通して自然物がいっぱいの園庭で、たくさんの自然に触れ楽しんでいきます。