小川保育園

NEWS

園からのお知らせ

緊急情報

特にありません。

小川まつり

 年長さんが中心となっていろいろなコーナーやお店を作り、異年齢の友達と楽しんだ小川まつり。当日、年長さんはお店屋さんになって、「何がいいですか?」「いらっしゃいませ」とお客さんに声をかけたり、「こうやってやるんだよ」とペアの友達に優しく声をかけて手伝ったりする姿が見られ、心が温まる場面をたくさん見つけました。


 【ジュース屋さん】
 手作りの自動販売機のボタンを押すと、そのジュースが出てきます。小さい友達は、どうして選んだジュースが出てくるのか不思議でのぞき込む子もいました。


ぶどうのジュースがいいな



どうやってジュースが出てくるんだろう?


【おもちゃ屋さん】
 3年齢で力を合わせて作った数々のおもちゃ。スマホやカメラ、ブーメランを販売しました。すぐに決まる子、一つを決めるまでにたくさん悩む子、おすすめのものに決める子などいろいろな姿がありました。



決まったら名前を付けるよ!



 【水風船屋さん】
 なかなか風船が釣れない子には、手を添えて手伝ったり、釣れた風船は丁寧に水滴を拭き取ったりと、温かいやり取りが見られました。


オクラスタンプを押します!



どの色にしようかな



やっと、釣れたよ



【宇宙】
 今年のテーマは宇宙。惑星やプラネタリウム、ロケットなど魅力的なものがたくさん展示されました。宇宙の中に地球というみんなが住んでいる惑星もあることを知り、その地球を大切にするためにどんなことをしようか、ペアの友達と考えるコーナーもありました。


どうして光っているんだろうね



ロケットの操縦ができるよ


ここからも外が見られるんだよ




プラネタリウムみたいだね



地球を大切にしないといけないね


 異年齢ペアでお店屋さんを回り、全部回り終わると、どんなものを買ったのか、友達同士見せあう姿がありました。


次のお店に行ってきます



あ~楽しかった


いろいろな遊びを楽しんでいるよ♪

 暑い日が続いている中、水の感触を味わいながら、いろいろな遊びを楽しんでいる子どもたち。年齢によって、工夫をしたり、友達と力を合わせたり、真似することが楽しかったりと違いが見られます。

◎年長
 9月に開催される小川まつりに向け、お店屋さんの準備をしています。友達と協力しながら一つずつ作りあげ、出来上がったものを遊戯室に飾り、その日が来るのを楽しみにしている子どもたちです。



きれいに見えるか楽しみだね


どんな宇宙ができるかな


◎年中
 水鉄砲や流しそうめん遊びが大人気。友達と気持ちを合わせて的に当てたり、流れてくるそうめんを真剣な顔ですくったりしています。



やっと上手にすくえたよ!


こんなに長くなってもこぼれないよ


◎年少
 初めは水に濡れることが苦手だった子も、友達と一緒に遊ぶ中で少しずつ慣れてきました。水を勢いよく流したり色水遊びで色の変化を楽しんだりしています。



一緒に流すとどうなるかな?


色が変わってきたよ!


◎低年齢
 2歳児さんは、指先を使った遊びがお気に入り。色紙をちぎってカメを製作したり、たくさんの洗濯物を干して洗濯ごっこを楽しんだりしています。
 0.1歳児さんは、いろいろな感触を楽しんでいます。これはどうなっているんだろうと表情は真剣そのものです。


緑色のカメにするんだよ


ここにも干せるよ



こうすればすくえるかな?


どうなっているのかなぁ



アイシンウィングスの選手と遊んだよ

 年長さんが、アイシンウィングスの選手と一緒にボール運びやオセロゲームをして楽しみました。遊びに来てくれると分かった日から、「バスケットボールってどんなスポーツだろう」「一緒に何して遊ぼうかな」と楽しみにしていた子どもたち。実際にドリブルやパスを見ると、目が釘づけになっていました。本物に触れることがこんなに子どもたちを生き生きさせるのだと感じる1日になりました。


ドリブルをすると、床が響くね!



長いパスにビックリ!


 いろいろな質問に丁寧に答えてもらい、うれしそうな子どもたちでした。「どうしたら速く走れるのか?」「強いボールを投げるためにはどうしたらいいか?」などの質問がありました。
 その後の「ボール運び」「オセロゲーム」では、チームに1名の選手に入ってもらい、ゲームを楽しみました。自然と「エイエイオー」のかけ声もかかり、白熱したゲームになりました。



落とさないように気をつけるよ




背中で挟んで運ぶよ



しゃがんだままひっくり返すと,早くできるね


最後に選手からプレゼントをいただきました♪


記念写真、ハイポーズ


またきてね


 ゲーム中にハイタッチをしたり、チームの子を応援したりしてもらう中で、選手のことが大好きになった子どもたちです。
リノ選手、ラアヤ選手、ケイ選手、ジン選手ありがとうございました。